肌が弱い人も安心

通常、毛根のみに作用する医療用レーザーですが、皮膚にまったく影響がないわけではありません。敏感肌やアトピーの人はレーザー脱毛の施術を受けたとき、健康な肌の人に比べて肌荒れを起こしてしまう可能性が高いです。よくある肌荒れはやけどです。医療用レーザーは高エネルギーの熱を皮膚に照射します。そのとき、肌が弱い人だとレーザーの熱に反応し、痛みや赤みなどの症状が出てしまうことがあります。たいていは施術後から数時間程度で改善しますが、クリニックで十分に肌のクールダウンをしておくとよいでしょう。

毛嚢炎という症状が現れることもあります。たとえば、毛穴が赤く膨らんだり白ニキビのようなできものができたりするケースです。肌のバリアが弱まっていると起きる症状なので、元々肌が弱い人は注意しましょう。こちらも放置していても治ることがほとんどですが、医師の指示に従って抗生物質を飲んだり塗り薬を塗ったりしましょう。

医療レーザー脱毛は肌に対して少なからずダメージを与えるため、敏感肌やアトピーの人は施術前に注意が必要です。ただし、レーザー脱毛には必ず医療従事者が立ち会うため、事前に相談しておけば大きな問題にはならないでしょう。肌が弱い人の場合、エステサロンより安心して通えるのがクリニックでの脱毛なのです。